Understanding xargs

某社の新卒研修のLinux研修中にxargsについて同期から質問されてふと, 僕もfindとxargsを組み合わせて何かするくらいしか活用していないと気づいた. せっかく研修中だしこのへんの理解を深めようと思い調べてみた.

概要

xargsの基本的な動作と, 便利なオプションを幾つか紹介する. 以下の環境で動作確認を行った.

  • Mac OSX 10.10 Yosemite
  • xargs

xargsの動作

xargsは標準入力を受け取って, それを指定したコマンドに渡して実行するコマンドである.

$ seq 10 | xargs echo
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

seqコマンドは, 標準出力に連番の数字を改行付きで出力するコマンドである. 上記は以下のコマンドの実行と同じである.

echo 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このようにxargsは, seq 10の標準出力を受け取ってechoの引数として 展開するというコマンドになる.

xargsのオプション

ここからは覚えておくと便利なオプションについて述べる.

-n max-args

xargsの注意点として, 標準入力をすべて引数として展開してしまうことだ. 引数は渡せる数に上限があり(ARG_MAXで指定されている), 例えば以下の様な 操作をするときに問題がある.

$ find . -name '*.txt' | wc -l
   100000
$ find . -name '*.txt' | xargs rm

つまり, findコマンドが出力したすべてのファイルパスをrmコマンドに引数として 渡してしまい, 上記の上限に達したことでrmコマンドが実行できなくなってしまう. この問題を解決する方法として, -nオプションで, xargsが渡す引数の数を指定する.

$ seq 9 | xargs -n 3 echo
1 2 3
4 5 6
7 8 9

上記の例ではxargsが渡す引数の上限を3とする. つまり以下のコマンドを実行される.

echo 1 2 3
echo 4 5 6
echo 7 8 9

上記を利用することで, 引数を渡しすぎないように調整することができる.

-P max-procs

-Pオプションでは, 並列実行するプロセス数を指定することができる.

$ find . -name '*.txt' | xargs -P 4 -n 1 ./omotaiscript

xargsで簡単に並列実行できて便利である. 例えば動画のエンコードなどを並列に 実行したい場合などに便利かもしれない.

-I replace-str

xargsでは, 指定したコマンドの末尾に引数を追加するが, コマンドによっては 引数を渡す場所を指定したい場合もある. これは-Iオプションを用いることで 実現できる. -I replace-strで設定した文字列replace-strは, コマンド中で引数に置き換える.

$ ls
$ seq 10 | xargs -I {} touch "{}.txt"
$ ls
1.txt  10.txt 2.txt  3.txt  4.txt  5.txt  6.txt  7.txt  8.txt  9.txt

参考ページ

渋谷で働くプログラマ。C#をメインに、趣味でGolangとPHPを書きます。スーパーハカーになるべく日々頑張ってます。