SharpDXをインストールして、C#でDirectX12開発環境を構築する (.NET Framework コンソールアプリケーション編)

SharpDXというDirextX APIの.NET Wrapperを用いてDirectX12を触ります。

Home | SharpDX

SharpDXは2019年に開発及びメンテナンスが終了しています。しかしMonoGamestrideというゲームエンジンで利用されており(ただしMonoGameはSharpDX.Direct3D12は利用していない)、一旦やりたいことはやれそうという判断でしばらくSharpDXを用いて進めていきます。もしかすると、どこかでライブラリなどを変更する可能性があります。

プロジェクトの作成

C#でDirectX12でグラフィックスプログラミングを行うための環境を構築していきます。具体的には下記のような環境を構築します。

  • .NET Frameworkベースのコンソールアプリケーションを作成して、System.Window.Formsを用いてウインドウを作成できるようにします
  • NuGet経由でSharpDX関連のパッケージをインストールして、DirectX12のAPIを呼び出し可能にします

開発環境について

Windows 10およびVisual Studio(執筆時は2022 Preview 3)を用いて開発を行います。

また AMD Ryzen 7 5800Xを、GPUはNVIDIA GeForce RTX 3060を用いて検証を行っています。

csprojの作成

まず、C#のプロジェクト(.csproj)を作成します。「Console App(.NET Framework)」を選択して.NET Frameworkのアプリケーションを作成します。

2021 08 16 05 52 47

Project nameおよびLocationは任意です。Frameworkのバージョンは「.NET Framework 4.8」としています。

2021 08 16 05 58 14

フォームをReference Managerで利用可能にする

前述の通りDirectX12で描画した内容をウインドウに描画するために、Windowsのフォーム(System.Windows.Forms.Form)を利用します。

利用するにはプロジェクトのReference Managerの設定で、System.Windows.FormsおよびSystem.Drawingを追加します。

Reference Managerは、下図のようにSolution Explorer(Visual Studioを開くと標準で右側に出ているウインドウ)で対象のプロジェクトの「References」を右クリックし、メニューの「Add Reference…」をクリックすると開けます。

2021 08 16 06 08 11

あとは下図のようにSystem.Windows.FormsおよびSystem.Drawingを選択して、右下の「OK」ボタンをクリックすることで、フォームを利用できます。

2021 08 16 06 12 23

NuGet経由でSharpDXをインストールする

SharpDXライブラリはNuGet経由でインストールできます。下記のパッケージをインストールします。

NuGetは下図のようにSolution Exprolerで該当プロジェクトにカーソルを当てて右クリックし、「Manage NuGet Packages…」から起動します。

2021 08 16 06 00 16

すると下図のようなウインドウが立ち上がるので、「SharpDX」などで検索して上記の5パッケージを探して、インストールします。

2021 08 17 04 21 00

また、今回利用するパッケージはすべて4.2.0としています。


Yuichiro MUKAI
Yuichiro MUKAIGame & Web Programmer

シブヤで働くゲームプログラマー. C#(For Unity)をメインに, 趣味でPHPなどを書きます.

Twitter / Facebook