Unity Weekly #007

Unity Weeklyは、@yucchiy_が読んだUnity関連の記事の中から、気になった記事を週報形式で紹介するコンテンツです。

記事に関するコメント等は、@yucchiy_までリプライいただけると幸いです。もし気に入っていただければRSSやブクマいただけると喜びます。

一覧はこちらから閲覧できます。

A new Package Manager experience in Unity 2021.1

new package manager lifecycle

A new Package Manager experience in Unity 2021.1

  • 2021.1のテックストリームからパッケージマネージャのリリースライフサイクルに変更が入り、ExperimentalとPre-release、Releaseの3フェーズになりました。
  • Experimentalはその名の通り実験段階で、本番環境でのテストは行われておらず、必ずしもロードマップの一部ではないものも含まれます。このフェーズでは、リリースせずに非推奨になる可能性もあります。
  • Pre-releaseはUnityによって公式なサポートが行われ、ロードマップの一部として扱われるパッケージです。プロジェクト設定で有効化するとパッケージマネジャーで発見できるようになります。
  • Releaseは今までで言うところの検証済みパッケージに相当します。このフェーズのパッケージはUnityによって完全に検証され、本番プロジェクトで安全に利用できることを指します。
  • Pre-releaseとExperimentalなパッケージについての情報は、Forumsから確認することができます。

Unity 2020 LTS and Unity 2021.1 Tech Stream are now available

2020 LTS plus 2021dot1 Tech Opt

  • 2020のLTSバージョンと、テックストリームで2021.1が利用できるようになりました。それぞれのリリースノートは、2020 LTSはこちらから、2021.1はこちらから確認できます。
  • 2020 LTSではUniversal Render Pipeline(URP)、Shader Graph、VFX Graph、Chinemachine改善、Animation Riggingの改善が行われています。コーディングワークフローではエンジン内のサブシステムの改修が入り、プレイモードの起動時間が改善されます。C# 8、Rosly Analyzer、セーフモードなども導入されました。またOpenXROcculus Quest 2サポート、AR Foundation 4.0Adaptive Performanceなどが導入されました。
  • 2021.1ではVisual ScriptingのUnityEditor統合、引き続きURPとHigh Definition Render Pipeline(HDPR)、2Dツールへの投資が行われます。また、グラフィックパッケージがコアUnityエンジンに統合されます。
  • アーティスト系の機能についてはCreate stunning visuals | Unity 2020 LTS | Unity 2021.1 Tech Stream | Unity | Unity for artists and designersでも詳細が確認できます。

Gotanda.unity #17

gotanda unity

Gotanda.unity #17 sponsored by 株式会社キッズスター - Unity Meetup

  • Gotanda.unityの第17回目。オンライン開催のため動画も公開されています。

  • LT#1 (スポンサー枠) もんりぃ先生: Unityプロジェクトの基盤・設計まわりでしくじってしまった話(スライド

    • 6年に渡るごっこランドの開発・運営の中で失敗したと感じた選択と、それらをどう対応したかについての解説されています。
  • LT#2 かこ: もう泣かない,UIの自動レイアウト活用

    • 画面サイズが変わっても崩れないUIを作るコツについて、特にScrollViewの実装に特化して解説されています。
  • LT#3 Kuniwak: Unity の meta ファイルの過不足の merge を防止しよう(スライド

    • .metaファイルの過不足をチェックする DeNA/unity-meta-check について紹介されています。また.metaが過不足するのかについてその原因についても説明されています。
    • unity-meta-checkはCLIで提供されているのでJenkinsへの組み込みも容易、また40,000アセットでも実行速度が2~3秒と十分に高速。
  • LT#4 40: Unityでアクションゲームのあれこれを実装してみる(レポジトリ

    • Unityでヒットストップとカメラシェイクを実装する1手法について紹介されています。
    • ヒットストップではAnimator.speedを、カメラシェイクはカメラ本体と視点両方を、CinemachineとAnimatorを用いて揺らすことで実装します。揺れはAnimationClipで作成しています。
  • LT#5 いも: どこのご家庭にもある自作シーンマネージャーの話 (スライド

    • 画面遷移の管理の仕組みについて、主に画面スタック、画面へのパラメータ渡し、名称管理についての1実装について解説されています。
    • 遷移先とそのパラメータは型で定義できるように実装されており、また、ページが必要とするアセットはカスタムアトリビュートで紐付けされています。
  • LT#6 (スポンサー枠) やまたく: ごっこランドでみかける2Dアニメーション

    • ごっこランドのアニメーションのこだわりについてとその中からチュートリアルアニメーションの実装についてピックアップして解説されています。
    • チュートリアルでは、動きで視線をガイドし画面を止めない、ガイドや画像は統一するなどを意識して実装されています。
    • 始点と終点が任意なアニメーションの実装方法はConstraintを用いて実装されているようです。
  • LT#7 うどん: Unity+Airtest入門 ~Unityでお手軽実機の自動テスト~(スライド

    • AirtestとPocoを用いたAndroidのUIの自動テストについて解説されています。
    • Airtestは自動テストフレームワークで、付属されたIDEを用いて簡単にテストケースを記述できます。また特定UIの存在確認に画像認識が使えます。
    • PocoではuGUIやnGUIなどのヒエラルキー解析を行い、ヒエラルキーベースでテストが記述できます。
  • LT#8 きゅぶんず: Adobe XDを使うと、こんなに効率よくゲームUIが作れちゃうの!?(スライド

    • Adobe XDとAkyuiUnityを用いて効率よくゲームUIを実装する方法について紹介されています。
    • Adobe XDでUI実装し、そのデータをAkyuiUnityを用いてUnity上にインポートすることができます。ボタンコンポーネントやスクロールビューなどもそのまま取り込むことができます。またXDの編集にも対応しています。
    • つなぎ込み実装はAnKuchenを利用することでGameObject名などで直接該当コンポーネントを取得できます。

      • GameObject.Findと違いキャッシュからデータを取得するのでパフォーマンスも問題ない。VisualScriptingにも対応しているので、ビジュアルスクリプティングだけでUIの実装ができる。
  • LT#9 ゆーじ: 知らなかった!DOTween便利Tips集(スライド

    • DOTweenの便利だけど知らない人がいそうなTipsを7つ紹介されています。

Unity ShaderGraph CookBook Vol.1

unity shadergraph cookbook vol1

Unity ShaderGraph CookBook vol.1

  • UnityのShaderGraphについて書かれた書籍。著者はかもそばさん。
  • 書籍の前半ではshaderGraphでよく使うノードのそれぞれの使い方とその利用例についてが説明されています。
  • 後半ではホログラム表現やフレネルエフェクト、ノイズ表現など実践的な映像表現について、その実装方法が説明されています。

Hashing in Pseudorandom Noise Tutorial Series

hashing pseudorandom noise

Hashing

  • Catlike Codingさんの新しいUnityチュートリアルシリーズPseudorandom Noise Tutorialsの初回記事。
  • このチュートリアルではハッシュアルゴリズムであるxxHashを用いた乱数生成方法と、その値のビジュアライズ方法について述べています。
  • ハッシュの生成はジョブシステム及びコンピューターシェーダーを用いて実装されています。

Pseudo-metaballs with Scriptable Renderer Features in Unity’s URP

pseudo metaballs

Pseudo-metaballs with Scriptable Renderer Features in Unity’s URP – Bronson Zgeb

  • この記事ではUniversal Render Pipeline(URP)および Scriptable Rendererの機能を用いて、最適化された擬似的なメタボール描画をおこなう方法について紹介しています。
  • 擬似的なメタボール描画は、レンダーテクスチャにメッシュパーティクルを描画し、そのテクスチャをぼかし、Smoothstepによりカラーリングして画面に描画します。
  • 上記手法をScriptable Rendererを拡張することで実装しています。

長年の疑問だった「Lightmap Bakingで何が原因で重くなるのか」問題、いい加減決着をつける

長年の疑問だった「Lightmap Bakingで何が原因で重くなるのか」問題、いい加減決着をつける - Qiita

  • この記事では、UnityのLightmap Bakingの処理時間がどういう状況で長くなるのか、11の検証を行い考察しています。
  • 検証では、広域なマップの屋外でLightmapping.BakeAsync()の開始時間から終了時間の差で計測し行っています。

Yuichiro MUKAI
Yuichiro MUKAIGame & Web Programmer

シブヤで働くゲームプログラマー. C#(For Unity)をメインに, 趣味でPHPなどを書きます.

Twitter / Facebook