UnityがインストールしたAndroid SDKをそのまま使う

Unity Hubを用いると、Unityで利用するAndroid SDKをかんたんにインストールできます。

UnityHub (v3) 経由でUnityが使うAndroid SDKおよびNDK、OpenJDKをインストールする

UnityでAndroidアプリを実機でビルドすると、デバッグ実行する際にadb(Android Debug Bridge)やビルドしたapkの内容を確認するためにaapt(Android Asset Packaging Tool)などのコマンドラインツールが使いたいときがあります。

adbやaaptなどのツールはAndroid SDKに内包されているのでAndroid SDKをインストールする必要があります。

「Android Unity adb」などで調べると、たまにAndroid SDKを自分でインストールする記事が出てきますが、UnityがインストールしたAndroid SDKをそのまま使えます。(昔のUnityではAndroid SDKを追加インストールする機能がなかったので仕方がないのですが)

Android SDKを自分でインストールために、あわせてJavaのインストールなどもあり地味に大変なので、Unityをインストールしている場合は、UnityのインストールしたAndroid SDKを利用するのが楽です。

UnityがインストールしたAndroid SDKは、下記のパスにインストールされます。 {UNITY_VERSION} にはUnityのバージョン文字列が入ります。(たとえば 2019.4.11f1) 

# Mac
/Applications/Unity/Hub/Editor/{UNITY_VERSION}/PlaybackEngines/AndroidPlayer/SDK

# Windows
C:\Program Files\Unity\Hub\Editor\{UNITY_VERSION}\Editor\Data\PlaybackEngines\AndroidPlayer\SDK

先程紹介したadbおよびaaptは下記のパスに入っています。{BUILD_TOOL_VERSION}はインストールしたUnityのバージョンなどで若干違いがあります。

# Mac

## adb
/Applications/Unity/Hub/Editor/{UNITY_VERSION}/PlaybackEngines/AndroidPlayer/SDK//platform-tools/adb
## aapt
/Applications/Unity/Hub/Editor/{UNITY_VERSION}/PlaybackEngines/AndroidPlayer/SDK/build-tools/{BUILD_TOOL_VERSION}/aapt

# Windows
## adb
C:\Program Files\Unity\Hub\Editor\{UNITY_VERSION}\Editor\Data\PlaybackEngines\AndroidPlayer\SDK\platform-tools\adb.exe
## aapt
C:\Program Files\Unity\Hub\Editor\2020.3.12f1\Editor\Data\PlaybackEngines\AndroidPlayer\SDK\build-tools\{BUILD_TOOL_VERSION}\aapt.exe

上記のパスを叩けば、adbやaaptをそのまま利用できます。


Yuichiro MUKAI
Yuichiro MUKAIGame & Web Programmer

シブヤで働くゲームプログラマー。C#をメインに書きます。

Twitter / Facebook