Unity Weekly #010

Unity Weeklyは、@yucchiy_が読んだUnity関連の記事の中から、気になった記事を週報形式で紹介するコンテンツです。

記事に関するコメント等は、@yucchiy_までリプライいただけると幸いです。もし気に入っていただければRSSやブクマいただけると喜びます。

一覧はこちらから閲覧できます。

Bursting into 2021 with Burst 1.5

unity DOTS Netcode

Bursting into 2021 with Burst 1.5

  • この記事では、Burst 1.5で行われた主要な改善点について、おもにArm Neonのハードウェア組み込み関数、Direct Call、最適化機能が紹介されています。
  • Arm Neonのハードウェア組み込み関数が正式にサポートされました。NeonはArmのSIMD拡張命令です。
  • マネージドコード内からBurst Compilerのコンパイル済みの関数を呼び出すには、Brust 1.5以前では関数ポインタを経由する必要がありましたが、1.5からは直接呼び出せるようになりました(厳密にはコンパイラが関数ポインタ経由の呼び出しに変換して呼び出します)。
  • 最適化のためにコンパイラへヒントを提供する関数である、Hint.LikelyHint.UnlikelyHint.Assumeが追加されました。また、コンパイル時に式が定数式として評価されるかどうかを判定するIsConstantExpressionも実装されました。

NVIDIA DLSS Natively Supported in Unity 2021.2

pasted image 0 4

NVIDIA DLSS Natively Supported in Unity 2021.2 | NVIDIA Developer Blog

  • Unity 2021.2でNVIDIAのDLSS(Deep Learning Super Sampling)が対応されます。
  • DLSSはゲームエンジンが低解像度の画像を出力し、その画像をニューラルネットワークベースな超解像を適用することでそれぞれの端末の解像度の画像を生成する技術です。これにより主にGPUの負荷を軽減できます。

Find out what’s new for the Addressable Asset System

image1 1

Find out what’s new for the Addressable Asset System

  • Addressablesパッケージの1.17.4以降で、同期的APIが追加されました。これによりResources.Loadを用いた実装と制御フローを変えずにこれを置き換えることが可能になりました。
  • 具体的には、Addressables.LoadAssetAsyncメソッドの戻り値であるAsyncOperationHandleに対してWaitForCompletionメソッドが実装されました。このメソッドを呼び出すと、同期的にアセットのロードを行うことができます。
  • 詳細についてはこちらのブログでも取り上げられています(【Unity】Addressableアセットシステムで同期ロードが公式サポート、Resources.Loadを置き換え可能に - LIGHT11

Unity Future .NET Development Status

Unity Future .NET Development Status - Unity Forum

  • Unityの.NET対応の現状について紹介、議論するためのフォーラムが立ち上げられました。
  • Unity2021.2では.NET Standard 2.1追加、C#8およびC#9への対応、(.NET5をスキップし).NET6の対応を予定しているとのことです。また、いくつかの大きなハードルもあり(.NET CoreではDomain Reloadingに対応していない点、CLRに移行するかmonoをアップデートすることで対応するかなど)作業が十分に進んでいない状況についても説明されています。

Yuichiro MUKAI
Yuichiro MUKAIGame & Web Programmer

シブヤで働くゲームプログラマー. C#(For Unity)をメインに, 趣味でPHPなどを書きます.

Twitter / Facebook